再度?スチールを考える

サイドスチールは言葉通り、横(サイド)からカードを密かに抜き取る技法なんですけど、
海外のDVDを観ても、なかなか自然に抜き取るというのは難しい技法です。

DVDを沢山、ご覧になっている人はご存知だとおもいますが、抜き取る時は大抵、
右手の小指と親指の対角線上にカードを保持します。そして右手をスライドさせて
トップにという流れですよね。

ただ、なにかの動作と絡めて分かりにくくしないと不自然に見える場合が多いです。

手の大きさや指の長さも多少なりとも影響してるのか・・・どうしてもパームしてしまう手が
硬い感じがしてなりません。

私が思うに、いろいろな抜き取り方のサイドスチールがあってもいいと思っているので
まず最初は、抜き取るときのカードは、どのような位置に持っていくことが良いのか・・・・
少し考えてみますと。

サイドスチール001

1.普通にサイドジョグした状態からのパターンです。
2.少し大胆にズラしていますが右手で隠れて正面からは見えないと思います。
3.この場合はインジョグしてから・・ですが・・どうするかですね。
4.これは2の逆を考えたわけですが、どうにもなりません(笑) でも何かの発想につながるかも
しれませんので固定観念は、なるべく持たない方がいいと思います。

あと色々とあったのですが割愛します。が、しかし、これだけとっても発想は出てくるもので
とっても楽しいです。これに右手がどう動くかが加わり様々なバリエーションのスチールが
生まれてくると思います。きっと人それぞれ、必ず自分自身に合ったサイドスチールはある
はずですので、みなさんも研究してみてください。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する