スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3Dペンと色を読みとるペン

「3Doodler」という、文字や絵を描くような感覚で自由に立体アートを制作できるペンです。
日本ではナカバヤシが今年4月から販売(税別1万6000円)されています。

wk_1406163doodler01.jpg

ボタンを押すと細いペン先からヌュルヌュルと物体が出され、出された瞬間から固まる感じ
でしょうか。完成作品を見ても分かるように針金細工のようです。
pen1.jpg

ただ、ものすごく絵心がある人には面白いアイテムになりそうですが、
初心者には難しい感じですね。

一方、こちらはペンが色を読み取り、その色を再現できるというペン
「Scribble」が開発されています。

記事抜粋です↓
Scribbleを描きたいものにちょこんとかざすだけでペンが色を認識し、その色を紙やモバイル機器の
画面に描くことができます。ペンに内蔵されている「16ビットRGBカラーセンサー」が色を読み取り、
インクカートリッジによって読み取った色を再現するという仕組みで、表現できるバリエーションは
なんと1600万色以上! また内蔵ストレージに約10万色を保存し、USBでデバイスに接続することで、
色のデータを専用のソフトウェアにアップロードすることも可能です。

オレンジの色を読み取って、
ah_pen2.png

そして書ける。
ah_pen3.png

紙にも書けるとは驚きです。

うーん何かのトリックに生かせたら・・・。
スポンサーサイト
コメント

使えそうですね

色を読み取るペンは、カヲソイテと

Re:使えそうですね

コメントありがとうございます。
たぶん、これ自体は高価なので、もっともっと
安価になればいいのになぁーと思います。

No title

こんな物まで発売されているんですね~
マジックに利用出来ないかと
探求されている長尾さんに脱帽です!

Tatsuさんへ

トリックと科学。切り離せないものですから、
ついつい考えてしまいます。今の希望は透明な
磁石が早く出来ないものかと、いつも思っています。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。