TECHINT 北原禎人

Image1531_20140609201526605.jpg

久々に購買意欲を掻き立てられたDVDです。
北原氏のレクチャーノートはぜんぜん知らないのですが、
宣伝動画を見て、難しいことを(ご本人さんは楽勝なんでしょうけど・・・)
さらりとやっているなーと。興味がわきました。

気になった技法をご紹介いたします。
Cliff Control→ W0W Controlができる人は楽勝の感じがします。

Bench Force→ Cliff Controlを利用したものなのですが、ブレイク無しに
ドリブルフォースが出来てしまうアイデアは面白いです。

Flat Wink→ これ、私はできません。指の力がないのか、それとも手の大きさが
ダメなのか上手くできません。ハワイアン二人組みのDVD「サトルコンセプト」の中でも
似たような形がありました。そうそう日本ではHigponさんも、この技法は上手いです。

Spin Shot→ デックの真ん中からカードが回転しながら飛び出してきます。
これは練習すれば、なんとかできそう。

この辺にしておきます。どのテクニックも身につけるには、ある程度の練習が必要
だと思いますし、技法集なので基本ルーティンの解説はありません。ですから
初心者の方は観賞用になる確率が高いので手を出さない方がいいかもです。
カード技法が大好きで、そろそろ刺激を求めたいと思っている人向けですね。

北原氏のダブルの取り方が独特で、この方法の解説はありません。
親指でカードを押しあげてダブルを作るのですが、これって意外と難しいのです。
カードのコンディション、メーカーによってやり易さが違ってくると思われます。

真似されたくない? と思ったのかもしれません。少し残念。

そうそう野島さんのC3も気になる・・・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する