スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムンカー錯視

先日の、むしマジックの会場で、なゆた君が作目の錯覚を利用した
マジックをしておりました。昆虫とは関係がないのですが面白かったので
再度、私も錯視を調べることに。

とくに個人的な関係ではないのですが、
北岡明佳教授のページにはイヤというほど、さまざまな錯視が載っています。

http://www.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/

全部、目を通すだけで大変ですが、非常に参考になる事例がいっぱいです。
これらの原理を利用して新たな手品を作ってみたい気持ちになります。

で、なゆた君が名刺サイズで作っていたのは、ムンカー錯視を利用したものですね。
(写真を撮るのを忘れました) 彼曰く、図書館の錯視の本で紹介されていたものを
アレンジしたようです。まったく色が違って見えるのには、すっかり騙されました。

さっそく、わたしも昆虫で作ってみたのがこちらです↓
Image1528.jpg

四匹の天道虫がいるのですが、左上はオレンジっぽく、右上は紫っぽくなって
おりますが全て同じ色です。写真で見るのと実際、生で見るのとは違って、ここまで
はっきりしていません。いざ作るとなると色の調整が非常に難しいですね。

この縦線もサイズを変えて色々とやってはみたものの、なかなか気に入る結果が得られません。
なので、これは、とりあえずボツですね。

いい結果が得られたのが、単純に図形を使ったのもです。

Image1526.jpg

3つとも同じ色の星です。A4サイズなのでなかなかの迫力です。
これは上手く行きました。

原理的には、どんな色でもできると思うのですが、
いい具合な色を探し当てるのは結構面倒です。

なにか法則があればいいのですが、パソコン画面の色や印刷プリンターにも影響が
ありますから、トライ&エラーを繰り返ししなければなりません。
うーん大変です。

ほんと人間の目は当てになりませんね・・・・。
スポンサーサイト
コメント

No title

錯覚も面白いですね~^^
会合の時に見せてくださいね。

次回会合、私の知り合いが見に来るかもしれないので、マジックを見せてあげてくださいね。
よろしくです

Tatsuさんへ

了解しましたー。他のマジシャンの方も
よろしくです。何かのネタを試すいい機会ですよー。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。