スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窓つきギミック封筒

会合の時に好評だった窓つきギミック封筒の紹介です。

カードがあらかじめ入っているかのようなギミック封筒を
設計図からおこし作ってみました。
このトリック自体は昔からあるので、仕組みは、みなさんご存知の通りです。

Image1245.jpg
(↑試作品)

現象はDavid Regal氏の「Special Delivery」と同じなんですが、
ギミックの仕組みは違います。こちらの商品は縦長の封筒で作られて
おりまして、動作終了後は封筒の中を見せることも出来ます。
(手渡しは厳しいかも・・・)

発売当時、文房具店や100均で、よく似た窓つき封筒を探しましたが現在もなお、
ありそうでありません。そりゃーそうですね。中身をわざわざ見せようとする封筒が
需要があるとは思えませんし一般的には受けません。喜ぶのは手品師ぐらいでしょう。

なので、自分で作ってみることにしました。
大きさは、ロードしやすく、2周りぐらいの大きさにしました。

「Special Delivery」のように動作終了後は封筒の中を見せることは
できませんが、扱いやすさ重点に製作してみました。とてもラフに扱えます。

もちろん中のカードは簡単に変更可能です。
Image1264.jpg
(↑完成品)

設計図おこしと印刷には、ぱっちさんにご協力していただきました。
これで切り抜く作業が大変、楽になりました。ありがとうございました!
スポンサーサイト
コメント

No title

完成したんですね^^
あれから、数人に披露したら好評でした♪

ロードでミスする時と
最後のスイッチでミスする時があったので
そこを練習すればスムーズに不思議な現象を行えると思います。
大変素晴らしい、考えられたギミックですね~

Tatsuさんへ

コメントありがとうございまーす。
解説書がまだなので販売は先になりそうですが・・・。
なにか、ほかに使い道がないか考え中です。
初めはロードするのにもドキドキですが慣れれば楽勝ですからね。
練習、練習ですねー。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。