スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電池ホルダーを手作り その2

興味のない人には、ぜんぜん面白くもない話なんですが・・・。

とりあえず上手くいったので、その2を書いておきます。

既製品にボタン電池のホルダーがないので手作りすることにしました。

やっと届いた電子パーツ↓
Image1129.jpg

ボタン電池CR1632とCR1620の両方が使えるようになっているので、
厚みが4ミリあります。どうしても3ミリぐらいにしたいので、ペンチで強引に
折り曲げ高さを低くします。
Image1131.jpg

ちょっと高額なのは痛いですが・・・
ハサミで切れる薄いユニバーサル基盤は、正解です! これは今後、色々と
応用が利きそうなパーツです。自作するのにはもってこいです。

で、最終的に出来上がったのがコレです↓
Image1130.jpg

これで、厚さ4ミリの中に収めることに成功! (もっと薄くしたかったのですが・・・)
見えにくいですが、マイナス接点は厚さ0.1ミリの銅板5ミリ×5ミリを貼り付けています。

これでなんとか、Talk⇔Talk Deck (とくとくデック) の基盤部分は完成いたしました。

いやー時間も、予算もかけすぎですが、その分、納得のいくグッズが
できました。あとは解説書を作らねば・・・。


PS・・・・以前の小型受信機の記事に、通りすがりさんという親切な方から色々と
アドバイスをして頂きました。おかげさまで、こちらも完成までたどりつけそうです。
どう利用するかは、これから考えないといけないですが・・・。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。