Voyeur

一枚のカードを選んでもらい、それを当てるカードマジックは
山ほどあるのですが、この「Voyeur」は限りなく不可能に近い状態でカードを
当てることをします。

↓演技の流れ
あなたが後ろを向いている間に、観客にカードを一枚選んでもらい、その
カードをデックの中に戻し、デックをカードケースの中にしまいます。
それからマジシャンは振り向くと、観客が選んだカードをすぐに言い当ててしまいます。

↓動画がこちら(確かにデックをケースに入れるまで一切、見ていないようです)
http://www.youtube.com/watch?v=9fe_U6vwFPg

この手の「何も見ない系」のカード当ての場合、どこかのタイミングで
ピークするのが一般的で、読み取っても計算が必要であったり、目が良くないと
ダメであったり・・・と、いろいろ大変で大抵、倉庫行きになっておりました。
(個人的感想です)

今回のこれも、動画を見る限りあやしいところはありません。
しかも簡単に当てているように見えます。

それと「まったく新しいアイデア」とも「従来からあるトリック」とも
宣伝文に書いていないので、いったいどういったトリックがあるのか? 勝手に
期待してしまいます。

果たして「Voyeur」の評価はいかに!
レビューはのちほど。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する