世界一薄い「ばんそうこう」

<<<< 記事抜粋 >>>>
市販のばんそうこうの10万分の1という数十ナノメートル(ナノは10億分の1)の厚さの、
世界一薄い医療用創傷被覆シートの開発に、早稲田大などの研究チームが成功し、6日、発表した。これまでのシートでは難しかった、肺などの柔らかい組織でも手術後の癒着を防ぐのに役立つという。
早稲田大先進理工学部の武岡真司教授らの研究チームは、カニの甲羅由来のキトサンと
海草由来のアルギン酸を交互に重ねた数十ナノメートル程度の薄い高分子シートを開発した。
柔軟性があり、表面が平滑なため、十分な強度で組織の表面に吸着できる上、「のり」がないので
他の組織に癒着する可能性も少なくなった。

20090706.jpg

これは、また何かのマジックに使えそうな・・・・。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する