舞台の中のマジック

先日、仕事で舞台の撮影に行ってきました。(今回はカメラマン担当ではありません)
現在、公演中なので詳しく内容は言えないのですが、手品を嗜んでいないと、その
発想は出ないだろう・・・・と思う演出が結構あります。

今回も、こんな場面がありました。

舞台の上手から弓矢を引いて矢を放ちます。もちろん格好だけなのですが、
下手の相手が、何もない手から効果音と共に矢が現われるんです。矢を素手で
捕らえるという演出ですね。しかも3回連続です。

観客からは「おぉー!!」というドヨメキが起こり・・・・個人的には結構、笑えました。

そうです。これって、バニシング・ケーンの原理を矢に置き換えたものです。
早速、こんな道具があるのかなと調べてみましたけど、見当たらないので、
たぶん劇場の美術さんが自作したものと思われます。

観客席からは本当に矢を捕まえたように見えますね。

過去にもアイドルのコンサートで舞台にいた人が瞬間移動し観客の中から現われるとか・・・。
今、考えるとイリュージョン的な演出は色々あるなぁーと思った一日でした。
スポンサーサイト
コメント

No title

歌舞伎の舞台などでも、手品的な要素がたくさんあるように聞きます。ちなみに、ヒロサカイさんも演じていた頭が落ちるマジックは、「仮装大賞」にでた女の子が考えて、とあるマジシャンがアイデアを買ったらしいです。

首落ちマジック

コメントありがとうございます。それ、たぶん、ヒロさんが権利を買ったんじゃないですかね・・・。もしよかったら、名前も書いてくださいね。

ふたたび

ホスト名が○○なので、もしかしたら大学からですか?? ということは・・・・。

No title

すいません。初めの書き込みは私です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する