スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライジング・カード

昔からあるデバノ式のライジングカードは、もっともポピュラーな
ギミックではないでしょうか? 初めて、この仕組みを知ったとき、
すごーく感心したのを覚えています。

私も、名前は微妙に違いますが商品として、いくつか持っています。
海外製、日本製など、いろいろ購入しましたが、個人的に納得できる
デバノ式商品が一つもないです・・・。

Image978.jpg

これも、その中の一つなんですが、久しぶりに動かしてみると、
なかなか上手く行きません。その原因は、かなりの部分で、セロテープを
使っているので、時間と共に剥がれてきている・・・とか、そもそもの
ギミックの出来が悪い(動きにムラがある) とか、でしょう。
(量産しないといけないので仕方がないですね)

上手く動作すれば、これほど、簡単な演目もないでしょうし、何も知らない
お客さんは驚いてくれると思います。

そこで、私も自分で創ってみようかと模索中。

動作は確実。これは必修でしょう。

ロックがかかり、傾きでロック解除。これは工夫すればできるような気がします。
お客さんにカードを取ってもらう。これも、低粘着の材料をアレコレ試せば
見つかると思いますし、上に上がったとき、アレからアレが外れる仕組みを
考えれば、結構、扱いやすいギミックになるのではないか? と想像しています。



いずれ、いいのが出来るかもしれません・・・・。




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。