スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鍵のギミック

自由に番号を選べるダイヤル式の鍵を色々と調べてみると、その設定の仕方に
若干の違いがあることに気がつきます。

マジックに利用できそうな(利用しやすい)設定方法をとっているものもいくつか
あります。すでに商品として販売しているものもあるので詳しくはかけませんが・・・
ネットで調べるより、実際、ロフトや東急ハンズに行って触ってみる方がいいかもしれませんね。

今回は4ケタのダイヤル式の鍵に注目。分解してみました・・・というか・・安物なので
激しくたたいていたらバラバラになってしまいました。

Image578.jpg
Image579.jpg

本体が真鍮? なので柔らかく、なんだか加工がしやすそうです。
実際にドリルで削ってみましたが比較的、よく削れます。
本来なら、こんな鍵はダメなんでしょうけど、違う目的で使うと思うと好都合です。



Image580.jpg
↑こちららが歯の部分、こちらも真鍮なのでヤスリで削ることも可能です。
そーなんです。全部、歯を落とし、組み立て直したら、どんな番号でも開く鍵が完成、
理屈はそうなんですが・・・大変な作業です。

で、違う鍵で、違う仕組みで作ってみたのがこちら↓
Image581.jpg

どんな番号でも開いてしまう鍵です。ただ、もう少し大きめだったら、なお、
良かったのですが贅沢は言えません。鍵って、どれもそうなんですが文字が小さいので
お年寄りの方、目の悪い人には、いまいち反応がよくありません。

かと言って、携帯電話のようなバカでかい鍵を持ってきて演技したら、これはこれで
ギャグになるかもしれませんが・・・「何か仕掛けがあるんでしょ」と思われるし難しいところです。

この鍵をダイレクトに使うのは考えどごろですね。
スポンサーサイト
コメント

鍵って 思っていたより簡単に分解出来るんですね。分解してまた組み立てられるんですか?

Re:鍵

分解したものは、かなり難しいですよ・・・。
そのままにしてあります。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。