スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変り種トランプ

大阪弁トランプ全体

大阪で買ってきました。その名も「大阪弁トランプ」
ご当地トランプとでも言えばいいのかな・・・。その他の地域でも
この手のトランプがないものか?と調べていたら沖縄にありました。
http://okinawa-zakka.com/diary.cgi?no=1278

こちらは「おきなわ方言トランプ」・・・感じは大阪弁のそれとよく似てはいますが
どうも作っている会社は違いますね。沖縄の方言は知らないけど、なんだか面白そう。
(買ってないけど)

さて、これをどう生かすか?なんですけど、昨年の年末に知り合い(全員、マジックとは
まったく縁のない男性です)が集まった時にやってみた演技は・・・簡単に書きます。

用意するもの
バイスクル1組(ノーマル、もしくは仕込み)
大阪弁トランプ

①デックは普通であることを見せます。「そうそう、予言をやってみますね」と
言って、おもむろに紙に「なんでやねん」と書いておきます。

②ノーマルデックで好きな方法でフォース、「スペードA」を選びます。
「当たりました!」と言って、予言の紙を見せます。
一同「えっ・・・・」(大抵の場合、笑ってくれる人は少ないので、この
冷めた空気を楽しんでください)

③ここで「大阪弁トランプ」が登場(テーブルの上に出していてOKです)、
「このトランプのスペードAを見てください」と言い、お客さん自身で
確認していただきます。もちろん当たっています。


ある友人の言葉
「へぇー全部、暗記してるんだー」

このように思われるのは演者のパフォーマンスの問題もあると思います(反省)

メンタルの場合、特にそうなんですが最後の確認を、しつこいぐらいにした方が
いいのかなと。今回も、いつも通り、さらさらと流してしまったのは私です。

例えば最後、予言を確認する時は「このカードはあなた自身で選ばれました、そして
予言は選ばれる前に書きましたよね?すり替えもしていませんよね?」などなどの
セリフはいるな・・・と。

でも・・・暗記の達人と思われて悪くないなと。
スポンサーサイト
コメント

No title

マジックは、演出が大切ですからね

演出が大切

おっしゃる通りです。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。