スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

錯覚マジックキット

Image1960.jpg
毎年、この時期になるとどこかの出版社が出す感じですね。

Image1961.jpg
すべて知っているトリックなんですが、話のネタについつい買ってしまいました。

単品で販売しているトリックが沢山ありますよね。お徳かとおもいきや
値段が値段だけにクオリティーは期待できません。

せけてプラスチック製にすれば耐久性もあがるのに、
ちょっともったいない感じです。

Image1970.jpg
大昔、買って大いに後悔した覚えがあります。角度にも弱いしはっきり言って
見せられるものじゃないけど・・・。鏡というか・・・銀紙ですね。

Image1966.jpg
紙製ですし使うのはつらいです。単品でも販売していました。

Image1962.jpg
これも単品で1000円ぐらいで売っています。
ギャグにつかえます。これはプラ製です。

Image1968.jpg
紙製です。パズルですね。

Image1969.jpg
これも紙製、目の錯覚です。

Image1963.jpg
これも紙製、テンヨー製の方がいいですね。

Image1967.jpg
これも紙製、パズルですね。

Image1964.jpg
これも紙製です。最近、セロがテレビでやっているパターンです。
近くで見るのと遠くで見るのとでは違って見える錯覚トリックですね。
3メートルぐらい離れないと効果的がでないと書いてありましたけど
私の場合1メートルぐらいで文字が変わりました。
(3メートルも離れたら、そもそも何も見えなくなってしまいます)

Image1965.jpg
これも紙製、この色の組み合わせでは少し色の変化が少ない気がします。
なのでこれなら、なゆた君が製作した商品の方がいいですよ。

http://www.wisecart.ne.jp/amagic/7.1/m-007/

少し思ったことなのですが
これこそ一つづつ100均マジックに採用すれば結構
売れるような気がしましたけど・・・。
スポンサーサイト

今年最後の会合

無事終わりました。四人と、ちょっと少なかったですが、
その分、いろいろな話で盛り上がりました。

気になった商品を。
Image1957.jpg
Motion cards です。一枚一枚、カードの角度を変えると
絵も変化するという、なかなか面白いカードです。
これ自体、何かトリックがあるわけではないのですがいい感じです。

Image1958.jpg
仕組みはミカメクラフトのマジシャンズチェストによく似ていますが
海外製品です。丁寧に作られています。
カード当て、変化、消失、いろいろ使えます。

Image1959.jpg
そしてこれ、星野徹義さんの作品です。
東京マジックで販売していたようですが現在は取り扱っていないみたいです。

現象としては・・・
大き目のカードが二枚、フェイス面同士をくっつけた状態で
ビニールの収納パックに入っています。(これが予言)

お客様に二枚のカードを適当に選んでもらい(ノーフォース)
表を見ずに大きめのカードが入った収納パックに入れてしまいます。

答えあわせです。まず大き目のカードを一枚、また一枚と取り出し
表を確認します。たとえば、D3ととS8とします。(まだ選んだカードは
収納パックの中) そしていよいよ選んだカードを取り出して
表を確認すると、見事、予言カードと一致します。
という感じです。

大胆な仕掛けが面白いですね。うーん改良したくなってきた・・・。

みなさん、お疲れ様でした。
今年一年、面白い一年になりました。

また来年も宜しくお願いいたします。

来年最初の会合は1月9日(土)です。

12月の会合日

早いもので、
あっと言う間に今年最後の会合日となりました。

今月は13日の日曜日にいたします。いつもの第二土曜日ではありませんので
ご注意ください。

では楽しみましょう!

ウラマヨ

この番組は関西ローカルになるんでしょうか、たぶん
全国ネットじゃないので関東の方は知らないでしょうね。

Image1947.jpg

京都で活躍中の新子景視さんが登場しておりました。
ブレインダイバーということなんですが、くくりはマジシャン
だと思いますが・・・。

Image1948.jpg

ひさしぶりに、このマジックいやいやブレインダイバーは
分からんわーと思いました。

Image1949.jpg

お客さん自身でカードを選び、
誰も見ていない状態(カメラにも出演者にも見せない)で黒い封筒にいれ、
それをさらに両手の間にサンドイッチして完全にカードを
見えない状態にする。この状態からのカード当てです。
(脈をとるという演出でお客さんの手首を触っています)

みごとに当たります。うーん、これは難しいです。
この流れを見ていると第三者の関与も、いわゆるアシスタントが
必要なマジックでもなさそうですし・・・。

必ず、どこかでピークしているはずなんですが・・・。
あーぁ分からん。久しぶりに分からない・・・・。

マジック的に考えるとしたら、
わざわざ黒い封筒に入れるというのが、なんとなく怪しいといえば
怪しいけど。

これは売りネタなんでしょうかね?
知っている方が居られましたら教えてくださいませ。

(無事、解決いたしました! ありがとうございました)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。