8月の会合、無事終了。

このところ激しい雨になると、すぐ列車が止まる・・・。
Image1861.jpg

今回も沢山のマジシャンが集まりました。では気になった商品は・・・
話題の「ネーム・タグ」は、みーんな持っていました。

Image1862.jpg
こちらの「イージーフレーム」(伊賀丸商店)はお手軽な
カード・スルーフレームです。サインは出来ませんが仕掛けは
単純でいいです。自作してみる価値ありです。

Image1864.jpg
テンヨー絶版品「ハイビジョンカード」です。やっと仕掛けが分かりました。
面白い機構に脱帽です。付属でついてるカードは基本的にブリッジサイズの
カードなんですが、もしかしたら薄めのプラスチック・バイスクルでも使えるかも。

Image1863.jpg
その他いろいろ。

あっーと言う間に23時になって終了。
みなさま、お疲れ様でした。

来月の会合日は変則的に9月13日(日)になります。
(9月12日はありませんのでご注意を)

奈良少年刑務所の矯正展イベント終わりで近くのファミレスで会合をしたいと
思っています。当日の集合時間等は、ぱっちさんから直接マジシャンの方々に
連絡が行くと思いますが、念のため私の方からも連絡をいれたいと思っています。
宜しくお願いいたします。

では楽しみましょう!
スポンサーサイト

ミスターマジシャン

根本さんのショップ、ミスターマジシャンが閉店したみたいです。
何年か前に、大阪の拠点を引き払い自宅をショップにされていました。
マジックブームが去ってから、なかなか厳しかったのだと想像できます。

いつもA-magicのDVDを気持ちよく取り扱ってくれたショップでもありました。

ちょっと個性的な根本さんでしたから(失礼)、好き嫌いが分かれる方ではありましたが
大阪の老舗マジックショップがなくなるのは寂しい気持ちもありますね。
これも時代の流れなのかもしれません。

根本さん、お世話になりました。またどこかで・・・・。

本日、会合日です。

本日、8日は奈良MPCの会合日です。
場所、時間はいつも通りです。
禁煙席の窓際を陣取る予定でいます。
宜しくお願いいたします。

Ultra Electric Deck(ウルトラ・エレクトリック・デック)

ずっーと欲しかったギミックデックで、とうとう購入しました。
ショップさんも書いていたように多少のクオリティーの甘さは
あるのですが、よくぞここまで手間をかけたなという感想です。
この発想は折り紙から来ているんでしょうかねー。
Image1837.jpg

まーやれることと言えば、ほとんどギャグにしか使えないのですが
クリエイターとしては刺激される一品なんです。

普通のエレクトリックデックは横方向しか広げられませんが
このデックは横でも縦でも斜めでも広げられ、ついでに軽くファンもできる
という優れものです。

さっそく接着が甘いので剥がしてみました↓
Image1840.jpg

この中の構造を見て、もっと違うことが出来ないものか!と
あれこれ考えてみて自作も試みましたが途中でやめました。

なぜって? 最強に大変です。
切り抜くのは時間をかければ、なんとか出来るのですが組み立てがいや(笑)

自分で作るくらいなら、2000円そこそこの、この商品を買った方がお得ですよー。

Name Tag(ネーム タグ)

Image1847.jpg
「アイテムを手にするとそのクウォリティーの高さに驚きます。」
ショップの宣伝文言に嘘はありません。

たとえ原理が分かったとしても、
ここまで細かい印刷は家庭機器レベルでは厳しい感じがします。
しかもバイスクルカード印刷ですから品質には文句のつけようが
ありません。

宣伝動画がこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=KrgZZuiKkoM

原理的には「動く絵本」とおなじだと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=ryssOIa5kxM

WOWはケースに仕掛けがありましたが、Name Tagはカードの方がキモ。
WOWの変化は一種類でしたが、Name Tagは最大6回変化します。
その変化もカードとESPの二種類です。今後、バリエーションと
してカードだけ販売してもらえれば、もっといろんな使い方が
できそうな気がします。

不満な点としては
あわせ方が結構シビアなため、少し指先の感覚の練習は必要でしょう。
すばやくあわせるには慣れが必要かと。

ケースは手渡し可能ですがカードの方は手渡しして見せることはできません。

それとWOWでは変化を楽しめるのですが、こちらは基本的に単純に当てるだけ
なので、これだけの機能があるのになんだか勿体無い気もします。

このじわじわ変化する効果を生かす方法はないものか?

あっそうそう昔あった、適当に書いた線が徐々に動いて選んだカードに
変化するとか。

時計のイラストをかい(たと思わせ)てケースに入れる。
おまじないをかけると時計の針が動いて相手の言った時間になるとか。

今後、そういった「動きを楽しめる」バリエーションカードが別売りされることを期待します。

Science Friction(サイエンス・フリクション)

カエル

3年ほど前から海外では売られていたみたいです。
https://www.youtube.com/watch?v=T_f3FOXqTqg

国内では輸送の問題などあり手に入らなかったのですが
このたび某ショップさんから独占販売されるそうです。

私の以前の記事「トリプルデック」にも使われていたのは
これスプレーだったのですね。

取りあえず実験したいので一本ほしいなーと思っていたら
一万円越えでは・・・ちょっと。

Bicycle Gold Standard

Richard Turner氏監修のもと作られたデックです。
こだわったデックはどんなものか一度手にとってみたいと
思いました。
Image1838.jpg

早速、カードの感触を確かめてみました。

普通のバイスクルより、かなり柔らかい感じです。
Beeと同じ品質ということなのでBeeカードと比べてみると
確かに柔らかさは似ています。なのでスプリングはしやすいです。

カードの厚みはずいぶん薄く作られている感じがします。
(薄いから柔らかいとも言えますが・・・)

Beeとの比較↓
Image1839.jpg

どちらも52枚なんですがBeeの方が4~5枚多くありますね。

あと耐久性は使い込まないとよく分からないので
なんとも言えません。

ギャンブルテクニックを頻繁に使う人にとっては良いカードでは
ないでしょうか。確かにフェローシャッフルもしやすいですよ。

ただノーマル・バイスクルも高品質なので特に不満が無い人に
とっては、わざわざ購入する必要はないと思います。

8月の会合日

ちょっと動くだけで汗がダラダラの今日この頃です。
皆様も熱中症にはお気をつけくださいませ。

今月の会合日は予定通り、8月8日(土)です。
場所、時間等はいつも通りです。(23時終了予定)
私は19時に着き禁煙席を陣取る予定にしています。
今回も新作商品と小ネタを持っていきます。

宜しくお願いいたします。