スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)

今、話題のドラマ、ガリレオにフレイ効果の話が・・・。

マイクロ波聴覚効果(フレイ効果)とは
超指向性スピーカーではなく、マイクロ波を使って、ある特定の人の
脳内に直接、音声を届けるというもの。

そもそもは米軍が兵器目的として開発を進めていたそうですが・・・。
これらマイクロ波兵器では、マイクロ波パルスが生み出す高強度の衝撃波によって、
脳が損傷を受ける危険があるということで開発が頓挫。

今でも水面下では研究をしているという噂ですが・・・。

特定の人だけにというのは、なんだかマジックでも使えそうな代物ですね。

「貴方にトランプのマークと数字が聞こえてきます」なんてマジシャンが言うと
本当に聞こえてきたり・・・して。
スポンサーサイト

電池ホルダーを手作り その2

興味のない人には、ぜんぜん面白くもない話なんですが・・・。

とりあえず上手くいったので、その2を書いておきます。

既製品にボタン電池のホルダーがないので手作りすることにしました。

やっと届いた電子パーツ↓
Image1129.jpg

ボタン電池CR1632とCR1620の両方が使えるようになっているので、
厚みが4ミリあります。どうしても3ミリぐらいにしたいので、ペンチで強引に
折り曲げ高さを低くします。
Image1131.jpg

ちょっと高額なのは痛いですが・・・
ハサミで切れる薄いユニバーサル基盤は、正解です! これは今後、色々と
応用が利きそうなパーツです。自作するのにはもってこいです。

で、最終的に出来上がったのがコレです↓
Image1130.jpg

これで、厚さ4ミリの中に収めることに成功! (もっと薄くしたかったのですが・・・)
見えにくいですが、マイナス接点は厚さ0.1ミリの銅板5ミリ×5ミリを貼り付けています。

これでなんとか、Talk⇔Talk Deck (とくとくデック) の基盤部分は完成いたしました。

いやー時間も、予算もかけすぎですが、その分、納得のいくグッズが
できました。あとは解説書を作らねば・・・。


PS・・・・以前の小型受信機の記事に、通りすがりさんという親切な方から色々と
アドバイスをして頂きました。おかげさまで、こちらも完成までたどりつけそうです。
どう利用するかは、これから考えないといけないですが・・・。

フリーキー・ボディ・イリュージョン

A1573_I1.jpg
以前、tatsuさんが会合にて披露していただいたマジック? なんですが・・・。

Image969_20130424200823.jpg

あの腕が非常に好きでして、アレだけ売っていないのかな? と
思っていたところ・・・こんなのを見つけました。

リビング・アームという中国製のものです。
Image1134.jpg

フリーキーの方は、しっかりとしたプラスチックの作りに対して、
こちらは、全てゴム製という・・・頼りないつくりです。

せめて腕の甲の部分だけでも硬かったらよかったのだけれど・・・
全て、ふにゃふにゃしています。固定の方法もマジックテープで
とめるという・・・・。 

Image1135.jpg

100均みたいなクオリティーに、ちょっとガッカリでした・・・。

マイクロサイキックつぶれる

マイクロサイキック用の電池が沢山手に入ったので、すこし動かしてみようと
久しぶりに980円マイクロサイキックを取り出したところ・・・

ぜんぜん反応しません。

最初、電池がバッテリー切れ? と思っていたのですが、もう一つのB級マイクロサイキック
入れて確認してみると、問題なく動きました。

ということは・・・あーあ、さすがC級もの。安かろう悪かろうで、
3ヶ月あまりで、ご臨終したもようです。

全体的に言えることですが海外の電子機器マジック商品は、あまり評判はよくありません。
バッタものはさらに危ないかもですね・・・。

一応、出品者様に交換を願い出てはいますが、たぶん無理でしょうねー・・・。

真ん中のカードが消えて移動する

houdini.jpg

動画がこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=o3CVMsXQLYU

真ん中に挟まれたカードが、いつの間にか消えて移動してしまうという
単純なカードマジックです。

最近、発売した?みたいですが、昔からあるネタではないでしょうか?
動画をみてしまうとトリックがわかってしまいますので、これらの絵じゃなくても
普通にトランプでも、絵ハガキでもギミックは簡単に作れると思います。

ちょっとした講習ネタにはいいかもしれません・・・。

電池ホルダーを手作り その1

ボタン電池の種類は、本当にいろいろあります。
ざっーと調べてみても、大きいのから小さいのまで何十種類もあります。

アルカリやらリチウムやら、素材もいろいろ。対応表が下記にのせておきます。
(某ホームページより抜粋)
ボタン電池名称

例えば、CR2032ならリチウム電池で円形、直径20ミリの厚みが3.2ミリと分かるわけです。

でも・・・
コレだけ様々なボタン電池が発売されているのに、対応する電池ホルダー(電池入れ)が
ないものが存在するのです。

単三乾電池が発売されているのに、電池ケースが発売されていないようなものです。

せっかく、薄くて使える可能性があるのに、電池ホルダーがなければ
使いたいのに使えないという状況も出てくるわけです。
(使いきり覚悟で電池を半田づけという荒業なら可能ですが・・・)

今回がその状態でした。

CR1620というボタン電池を使いたいと思い、電池ホルダーを探したのですが、
良いのがありませんでした。仕方がないので、電池ホルダーを手作りすることに
いたしました。

購入したものは、
薄型ユニバーサル基板というハサミで切ることのできる基盤↓
ユニバーサル基盤

CR1620用のホルダーなんですが・・・外枠のみ↓
CR1620ホルダー

これだけでは、もう片方の電極がありません。なので、
薄い銅版か何かで造らなければなりません。もう、ここまでくると、ヤケクソです。

早速、ネットで注文したのですが、本日返信メールが来ました。
なんと10日も待たされることに。海外から取り寄せみたいです・・・あーあ。

早く完成させたい気もありますが、パーツが揃わないので仕方がないですね。

その2につづく・・・。

ブロックギミックを考える

ブロックになっているギミックのことなんですが、
今、あるギミックを作っていて気になっていることなんです。
(会合参加の方は分かると思います)

どうしてもギミック部分って不自然な感じなわけです。

原因はわかっています。接着するからなんですが、みょうーに固まっている。

詳しくは言えないですが・・・
ギミックものを持っている人はイメージできると思うのですが、
当然、中をくり抜いて、仕掛けが詰まっているわけです。

よかれと思い、入れ物をガチガチに固めると周りのカードとは不自然になってしまうわけです。

↓例えば、こんな感じ。下、1/3の部分がギミック部分。
Image1120.jpg

ライジングカードの古典、デバノ式の場合、ギミック部分が意外と目立たないのは、
仕掛け部分とブロック部分が上手くつながっているからだと思います。
こんな感じ↓ 下、カード10枚分ぐらいがギミック部分。ほとんど分かりません。
ライジング

「NANA デック」の場合、このレアな?デックを持っている人は分かると思いますが、
これもギミック部分がブロックの構成になっているにも関わらず、ほとんど分かりません。
こんな感じ↓ 中央部分、カード15枚ぐらいがギミック部分。
nana deck


不自然さを無くそうとすると、なるべく接着しない方向で考えた方がよさそうです。

まっ、こんな、どうでもいいことを考えているのは作り手のエゴかもしれませんが・・・・。

4月の会合終了。

この日、早朝、かなり大きな地震があり、ちょっとビックリいたしましたが、
JRも夜には通常通りのダイヤにもどったみたいです。

4月なんですが、ほんとに今年は寒い日がつづきます・・・。

今回はいつもの5名のマジシャンが集まりました。
2013041302.jpg

新作、旧作、色んなマジックを見せていただきました。
個人的な自作品「Talk⇔Talk」(仮名)も以外にも好評でした。
もう少し改良し納得のいく形にしたいと思っています。
 
2013041301.jpg


あっーという間に24時を回りました。

みなさん、お疲れ様でした!
来月は5月11日(土)です。また、お会いしましょう!

あさっては会合日

あさっての土曜日は、月一度の会合日です。

自作品も持っていく予定です。

小型受信機を買ってみたものの

電子パーツ屋さんから、小型の送信機と受信機を買ってはみたものの、
メールで問い合わせても言葉が通じないのは痛いです・・・。

中国の方なのか韓国の方なのか・・・不明なんですが日本人スタッフでないのは確かです。

やりたいことは簡単で、「リモコンをONにすると受信機側がONになる」
ただそれだけなんですが、それがなかなか上手く行かない・・・。

送受信機2点セット(1ch)(550円)を値段につられ買ってみたものの
受信モジュールだけではどうにもならないことが判明(笑)
70726f647563742f32303132303231375f3965633764342e6a70670032353000.jpg

なるべく低電圧で動作するものを物色し見つけたのがこちら
ミニ受信機(315MHz/3V)、900円。受信モジュールも組み込まれている。
70726f647563742f32303132303131395f6637633164312e6a70670032353000.jpg

Image1109.jpg

ふーん、こういうふうになるのかと、しげしげとホームページの
解説を読むも、具体的な利用方法が分からない。たぶん電気工学科の
出身の方々は楽勝なんでしょうけど・・・・。

とりあえず、電源部分を半田付けしてみました。3Vのボタン電池をつけて
リモコンのスイッチをオンにすると、受信機側のLEDが点滅するので、
ちゃんと感知しているみたいです。これはあってるはず・・・たぶん。
Image1110.jpg

あとは、どことどこを繋げば、ON-OFFに切り替わるのか・・・それだけなんですが・・・。
いろいろと試したのですが分かりません。

基盤右の123という数字が、接点なんですが、しらべてみても特に通電している様子もありません。
もしかしたら、違う追加パーツが必要とか? 

もし、分かる方がいらっしゃいましたら教えてくださいませ。
宜しくお願いいたします。

ちなみに、電子パーツ屋さんのホームページがこちら。
http://www.aitendo.com/

Subtle Concepts 2 (サトル コンセプト2)

久しぶりに技法満載のDVDが発売されました!!
前回のVol.1も良かったので、今回も少し期待して買ってみました。
Image1106.jpg

宣伝動画がこちら↓
http://www.youtube.com/watch?v=s83tcVHD3bk

今回のDVDもフラリッシュとカード技法系を集めた構成になっております。
(カード当てなどのマジックは一つもありません)

個人的にフラリッシュは、ほとんどしないのでスルーなんですが、見た感じ、
パケットを飛ばしているフラリッシュが多い感じです。今のはやりですかね?

カードコントロールはパームやシフトが沢山、収録されています。
気になったものを少し書きますと・・・。

Bevel Palm 
アクションパームの一つでしょう。デックの側面を改めている?間に、
いつのまにか左手に選んだカードがパームされています。

Challenge Palm Shift
いやーぜんぜん出来ませんでした。チャレンジ失敗です(笑)

Cypher Shift
ちょっと奇妙な持ち方なんですが、右手だけでするパスみたいな技法です。
これに派生するカードチェンジ等も解説しています。難しいです。

そして「Mechanics shift」がさらにパワーアップした
The Multiple Mechanics shift など・・・手がつりそうな技法が収録されています。

映像を見ている限り、手が異常に大きいとは思わないのですが、このマジシャンの方、
これらの技法を楽々と出来てしまいます。いやーホント恐るべしです。

技法を黙々と練習されたい方、新しい技法に飢えている方、このDVDは、お勧めです!!


最後に苦情をひとつ。
DVDのジャケットに、今回収録のタイトル等が、ぜんぜん記載されていないので、
確認作業のとき、わざわざ中身を見ないといけないのがめんどくさいです。

4月の会合日

はやいもので、もう4月になっちゃいました。

今月の会合日は第二土曜日の4月13日です。

場所は、いつも通りガスト大和郡山店で行います。19時ごろ~各自解散ということで。
予約はしていませんが、すぐ分かると思います。中央席か窓際になるとおもいます。

では宜しくお願いいたします。

JR大和小泉駅 およそ徒歩20分  
近鉄橿原線筒井駅 およそ徒歩14分

駐車場もありますので、車でのご来店も可能です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。