スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふじいさんが来店!?

地元、奈良にふじいさんが来るらしい。
本日のチラシにデカデカと宣伝しておりました。

Image787.jpg

パチンコ屋さんの営業のようですが、マジックをするとは書いていない・・・。
まさか朝から、いきなりマジックはないだろうし午後からなんでしょうねー。

もしかしたらテレビ番組か何かの収録に来るのかもしれません。

マルハン法隆寺インター店は、本日のロケ現場から2キロぐらい離れたところ
ですから近いといえば近いですが・・・・。仕事をサボれないので残念。


で、よーく見て見ると
Image788.jpg

ちっちゃ(笑)
スポンサーサイト

現在、レクチャーノートを制作中

現在、DVDではなくレクチャーノート(簡単なDVD付き)を、コツコツと制作しています。
「ディール三昧」(仮名)という、ディールばっかりのカード技法の解説ノートです。
Image785_20120625160324.jpg
Image786.jpg

およそ15ページぐらいで、ペラペラなのですが内容は濃いと思います・・・たぶん。

セカンド・ディール
ダブル・ディール
ボトム・ディール
グリーク・ディール
センター・ディール

の五種類を、私的な方法論とともに解説しています。

レクチャーノートを作るのも探り探りなんですが非常に面白いですねー!
果たして需要があるのか、ないのか不明ですが、頑張って完成させたいと思っています。



超小型無線機

中国では無線でカンニングが大流行?

01_px240_20120622182646.jpg
↑こちらは「305型耳机」と呼ばれる機種で、耳の中にすっぽりと
入ってしまい、髪の毛を伸ばしていれば気づかれることはないようです。

英語圏では「305 earpiece」と呼ばれるスパイツールです。
検索すると沢山でてくるので海外では簡単に手に入るようですが・・・。
Wholesale_Wireless_Mini_305_Spy_Earpiece.jpg
Wholesale_Wireless_Mini_305_Spy_Earpiece_4.jpg

この図を見ると、携帯からの音声を首にかけたループアンテナから、
すぐ近くの耳に仕込んだ超小型無線機に電波を飛ばしているみたいです。

私はステージみたいなところでマジックをしませんから必要ありませんが、
充分、マジックに使えますよね。

今やテレビで大活躍の、あのメンタリストの○○○さんも
使っているのかもしれませんね。

この商品、マジックショップで売ったらバカ売れのような気がします。
(もちろん、手品としての利用法で使ってくれないと困りますが・・・・)

Rasmus Haunted Deck その2

本日は昼近くの現場入りなので、時間が空いたので書いています。

「Rasmus Haunted Deck」が届きました。

てっきり見本のギミックも入っているのかなと思っていたのですが、
まったく、使用する素材とDVDだけでした。完全に自分で自作するパターンです。
と言っても難しい工作ではないのですが・・・めんどくさがり屋さんには向かないかも
しれませんね。

付属している、これらの素材は、まったく目新しいものではありません。
ネットで探せばあるのですが、日本では手に入りにくいものです。
一つはフランス製、もう一つはアメリカ製。
(これらの素材をゲットしたと思えば安い? かもです)

フランス製のこれは某ショップでも、直輸入ということで単体で売り出して
いますけど、現在は品切れ中。

で、早速、作ってみました。
↓動画がこちら
[動きテスト] Rasmus Haunted Deck


動きは、作るギミックの調子により、それぞれ違うことになります。
(ここらあたりは、好き嫌いの別れるところかな?)

そんなに目立つギミックでもないので、持ち歩いてもストレスは少ないかなと。

それと、これらの素材は他のギミック作りにも使えるので個人的には当たりでした。

Rasmus Haunted Deck

明日から仕事になるので、当分こちらのブログが書けないので
先に、この記事を書いておきます。

前々から気になっていたんですが、
ポールハリスプレゼンツの「Haunted」と「Rasmus Haunted Deck」とは、どう違うのか? 
動画を見る限り、ほぼ現象が同じで中身のギミックが違うのか?
違うのは販売価格だけなのか?

↓これらを疑問を解決してくれたのがこちらの宣伝文
http://i-magic.biz/shopdetail/009000002623/

いやーよく分かりました。
なかなかショップとしては書けないことを書いてくれた
I-magicさんに感謝します。

それと、この一文。
「ギミックを1から作るところを撮影していますので作り方ははっきりとわかります」

違うマジックなんですが、ギミック&DVD「HAWK 2.0」も製作過程が非常に細かく解説されて、
自分が作るときの、いい参考になりました。他人はどんな道具を使って、
どうやって作っているのか? 見せてもらうだけで非常に勉強になりますよね。

これも、まさに組み立てキット的な商品で、これは私向きだなと思い、早速、注文してしまいました。

ちょっと、当分、触れないですが、到着を楽しみにしています。




Hole を考える

宣伝動画がこちら
http://www.youtube.com/watch?v=6tsXagndQQw

ハイキーな映像を除き、特に怪しい動きもなく素直に不思議です。

コレだけでは信用できない私としては、違う動画を探しました。
違うデモ映像がこちら↓ おそらく穴がないので試作段階?かもですね。
http://www.youtube.com/watch?v=zIg3umZ3coU&feature=related

この動画から分かることは、シールを貼るのをかなり慎重なので「何かある」
カードを横に差し込んでからの、微妙な、ひと動作で・・・・「何かある」(笑)

この動画では、かなりのヒントが隠れています。

ここでピンと来たのが、先日発売になった「Xpand」というサインカードが
縮むというカードマジック。これに使われている素材を使えば出来ないこともありません。

で、早速、作ってみることに。バイスクルサイズや100均のジャンボカードを
使ったりして5種類ぐらい色々と作ってみました。

↓一応できたのがコレ
バイスクルサイズ

動作は確実ですがクロースアップでは、とても使う気になれません。

↓そしてジャンボカードで。
ジャンボカードのコピー

ギミックの厚さを目立たなくするには、こちらの方がいいかもしれません。
左右で、ぜんぜん違う解決法で作りました。

使うとしたら右側ですか・・・ね。

作ってみて分かることは、いくら頑張っても物理的な問題で宣伝動画のようにカードが
薄くならない(薄いように見えているだけかも?)ということでした。いったい、どんな最新素材が
使われているのだろうか?と思うほど。ただ「Xpand」の時もそうでしたけど、カメラを
通してだけの宣伝動画と実際に見るのと、ぜんぜん違うことは良くあることなので、もしかしたら、
この「Hole」もそうなのかもしれません。手元に届いたら、至近距離では厳しいギミックになって
いるかもしれません。事実、海外で発売し何ヶ月か経っていると思うのですが、
マジックファンによる動画がyoutubeにぜんぜんアップされていません。
やっぱり・・・・「何かある」のでしょう。

いつも思うのが、いっそのこと、こういうギミック商品は組み立てキットにして、
安価で販売してくれないかなぁーと。

実際に「Hole」を購入された方がおられましたら、ご感想を聞かせてくださいませ。

6月の会合日

今月は来週の土曜日、6月9日です。

場所は、いつもの想う壺さんです。
音陶夢さん、お世話になります。
時間は、19時からで宜しくお願いいたします。

私は映画撮影が6月7~13日に入っているので残念ながら参加できません。
(サッカー日本代表の予選も観戦できず、これも残念)

みなさん、お誘いの上、どうぞ参加してくださいませ。

なお、突然なのですが今月をもって、想う壺での会合は終了いたします。
およそ一年間、大変お世話になりました!

7月の会合は追って連絡いたします。
ではでは、みなさん楽しんでくださいませ。



創作料理 想ふ壺
奈良県奈良市西木辻町32-5
ご予約はこちら→ 0742-26-4316
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。