スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデーマジックショー

本日は、マジシャン仲間のジャスパーさんと「サンデーマジックショー」を観にいきました。
毎年一回、このマジックショーが催されています。こんな近所でされていたとは知りませんでした。

第1部と第2部を合わせて総勢25名のマジシャンが登場し、
シンブルあり、シルクあり、ゾンビボールありと、沢山のマジックを観ることができました!

123-1.jpg

最後は「生駒サンデーマジッククラブ」「あべのYMCAマジッククラブ」の講師の前田勝氏による
ハト出しのマジックで幕をおろしました。

124-1.jpg

流石に2時間・・・・マジックを観ると疲れますね・・・・。
ジャスパーさん、お疲れ様でした。

ではまた明日。
スポンサーサイト

Open Prediction その後

前回のことで、加藤さんはどのように書いてあるのかとおもったら・・・
私と、ぜんぜん違うところを、ご指摘しておりました。

残念ながら隠しページの秘密文章なので、これ以上は書けません。

うーん、人それぞれ、色々な見方があり、目の付け所が違いますね。

勉強させて頂きました!

Open Prediction

加藤英夫氏のブログに取り上げられていた予言マジックです。
まずはご覧下さい↓
http://www.youtube.com/user/MikePowersMagic#p/u/2/22MmP_9XpUM

最新の記事ではiPhoneマジックのことを書かれていたり・・・いち早くコンピューターに取り組んで
仕事に活用されていたり、ほんと加藤さんの探究心はいつも感心させられます。

今週、上記のマジックについてコメントされるそうです。どのような視点で述べられるのか
非常に楽しみです。

その前に自分としては、このマジックをどう思ったのか? を書いて見たいと思います。

マジックに親しんでいる人であれば、このマジックの方法は非常に簡単です。すぐ出来ると思います。

一番、気になったのが果たして一般のお客さんに、この状態のデックを持たせて、そのめくり方は難しいのでは?
という点です。たぶん、狙いとしては、お客さん自身の手の中で決定し行なってもらった方が、より不思議感が
増すだろう・・・ということを強調したいのだと思うのですが・・・・はたして。

でも、この選ばせ方、マジシャン自身がするのであれば、フォースに使えるのでいいなぁとおもいました。
(これは応用が利きそうですよ。以前からありましたっけ??? )

そして境目のカードを取ってもらう時にデックを揃えて、お客さんに渡せばいいわけですからね。
(境目のカードぐらいはスンナリと取り出してくれると思います)

答え合わせは、お客さんと同時に「せーの!」で。  勉強になりました!

涙が出てしまう・・・

冷やかしで取り上げたのではないことだけ、ご理解してください。
この映像を観たとき、本当にビックリですし、なんだか涙ぐんでしまいました・・・・。
http://www.youtube.com/user/mahdigilbert#p/a/u/1/crueRHCwRzw

ナゼ、そうなったのか? ナゼ、カードマジックを取り組んでおられるのか・・・サイトに
書いてあると思うのですが、私、英語が苦手なので詳しいことは不明です。

彼の勇気と努力に元気をいただき、また感動してしまいました!


PS・・・・ちなみにパスも披露していますが、これも素晴らしいです。

実家でバルーン

今日は実家の方に行ってまいりました。

久しぶりなのでバルーン・アートを一つ作ってみました。

Image106-2.jpg

花をイメージして作ったのですが、なんだか逆さまにすると
シャンデリアにも見えなくもない・・・・です。

1つ作ると大好評で何個もリクエストされたんですが、バルーンの数が
沢山いるので、あとは犬で勘弁してもらいました・・・・チャンチャン。

SICK ポン太 the Smith


sick0001.jpg

コインは、ほとんどしない私ですが、あるマジシャンの方もオススメしていたので購入してみました。

DVD自体はセリフも無く映像と音楽で構成されています。マジシャン目線の映像は
とても親切です。圧倒的な高度なテクニックに脱帽・・・私には無理です。

流れるようなタイミングは映像で勉強できます。 DVDのいいところです・・・ハイ。
作品の詳細は、他のブログやショップの紹介で色々と書かれているので省略いたします。

ここまでコイン・テクニックのレベルが高い方が関西に居られるというのは、なんだか嬉しい気持ちです。

ただ、コイン関係の書籍やDVDをまったくといいほど持っていない私にとっては、どの部分が、
どの人の作品、もしくは技法から触発されたのか? とか、これこれの理由で、この発想が出てきた・・・
とか、まったくもって不明でしたので、そこのあたりを色々と解説してくれていたなら、
もっともっと良かったかなぁ・・・・と思いました。(もちろん最後にクレジットは流れますが・・・)

コインが大好きな方は、間違いなく買いです!!

これらのスゴイ刺激を、カードテクニックには生かせられないか・・・考え中。


マジックバー・フレンチドロップ
http://www.frenchdrop.com/bar/

ポン太さんは木曜日、ご出演。

〒542-0072
大阪市中央区高津1丁目2-18

Cartier

David Jade氏のアイデアです。
http://www.youtube.com/watch?v=9oXjudqNruM

いわゆるカラーチェンジなんですが、ギミックを使わず、
なかなか面白いです。個人的には、こういうパズル的な感じは好きですね。

ただ実際には角度に弱く、まさにマギー審司さんの「宙に浮くミカン」状態です。
横から見ると非常に忍びないです。一般的には「実用的でない」と
言われるマジックかもしれません。

このカラーチェンジは、おそらく身近な人に演じても「地味だなぁ」って
言われオシマイだと思います。

こんなことありました。

ご覧になった方も多いと思いますが、正月のバカ殿にゲストとしてリュー・チェン氏が出演、
マジックを幾つか披露した中で、手品を知らない家族が一番受けたのは・・・・トリックデックを
使ったマジックでした。真っ白なトランプを用意し、その一枚にバカ殿のサインをします。
そのカードを鏡に映します。当然、逆さまなわけですけど、いつのまにか鏡の中のカードと
現実カードが入れ替わり(カードが逆さ文字)、さらに、おまじないをするとトランプ全てが
逆さ文字になってしまう・・・という演出でした。

もう家族は大絶賛!! 大興奮でした。
「えーうそーいつのまに書いたのー!!!」 (←「つかの間に・・・」と心の中で突っ込みを入れ) 

母 「あんた! これ、分かるか?」
私 「まぁー・・・以前、これと似たようなマジック、やったことあるけど・・・・」
母 「うそー知らんわ。見たことないわ」
私 「・・・・・」
母 「いつの間に、印刷したんやろね?」
私 「出来るわけないけど・・・」
母 「そうかぁーあんたにも分からんマジックあるのかいな」
私 「だから・・・・・」


自分もマジックを始めた頃、たしか見せたと思うんです・・・バラバラのトランプが
一瞬にして全部ハートの3になるトランプ。すっかり忘れ去られていました(涙)

原理が同じでも演出を変えれば別のマジックに変わりますし、ましてや一般の人には、
そんなことが理解できません。



今でも言ってます。

「どうやったらサインが増えるん??」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。