ネクタイが現われるマジック

The Original Stand-Up Magic Vol.1 by Juan Pabloの中で

ノーネクタイの状態から身体を一回転させるとネクタイをした
状態になるというマジックがありました・・・解説を見ると、ほとんど100円ショップで
手に入るものばかりで・・・早速、ダイソーを物色していたら、パーティーグッズコーナーに
面白ネクタイがあるじゃないですか。

みなさんも一度?は見たことがあると思いますが、
「萌えー」とか「あんたが主役!!」とか・・・で、私は、まだ無難な「めでたいっ」
っていうネクタイを購入し、自作してみることに。

めでたい

色々な都合上、そのままのネクタイから自作するのは、ちっょと抵抗が
あったのですが、これなら、ゴムひもを取り外し、何を何してチョメチョメすれば
簡単にできるのではないかと思ったわけです。

早速、試してみましたが結論的には動画のように上手くいかない・・・です。
それは、何の力が非常に強く、とりあえず、何を緩めることをしないと難しい。
勢いがありすぎる・・とでもいいましょうか・・・。ついでに何もうるさいし。

弱くする方法はないよなー・・・。100円なので、潰すつもりでやれば出来なくも
ないけど、この時点で、やる気が無くなってしまって終了してしまいました。

面白いアイデアなんですが、使うとなると難しいものがありますね・・・やっぱり。
スポンサーサイト

Half PASS (ハーフパス)

Aaron Fisher の Half Passはマジシャンの小林さんも言われていたように
驚異的に上手いです。事実、youtubeの映像を観ても力が入っていないというか、
自然というか・・・正面から見ても「引っくり返した感」がないのです。

うまく前方に倒しているにしても・・・それにしても言われてみないと何をしたのか、
わかりません。手が大きいのかな? それとも・・・。

ボトム1枚の時とハーフデックの時の手の使い方も違うみたいな気がするし。
何かコツがあるはずなんです・・・絶対。
 
ということで、現在、いろいろと研究中のハーフパスのデモ映像です。
どの技法もそうなんですが、やっぱり動きの流れ中でやってしまうのがベストのような気がします。



ただ、このハーフパス、普通のパスもそうですが、なかなか活躍できるマジックが・・・。

ある? あるんですかー??

クロノログを日本語版に

shadowさんからデータを頂いて新しく作り直しました。これで、なんだか
誰かに試してみようかなーという、やる気が出てきました(↓写真)

新しい手帳1-1

シンプルで、とても綺麗ですし、なんと言っても見やすいです。作り直しもリフィル用紙を
購入すれば出来ますし・・・・いや・・でも、もうやらないと思いますけど(笑)

両面印刷なので気を使います。上下逆だったり、ページがズレたり、
プリンターの紙づまりも。リフィルは少し大目に購入された方がいいと思います。

でもでも完成したら、その苦労も報われます。みなさん頑張って作ってみてください。
shadowさんに感謝です! ありがとうございました!

新しい手帳2

そして以前、作ったものがコレ(↓写真)

以前の手帳

てっきり日本語で作ったと思いこんでいたら、なんとも分かりにくい表示に・・・
ご年配の方が見たら、何かの診察結果なのかと勘違いするではありませんか!
これでは演じる気にもならなかったわけです。どうして、こんなことになって
しまったのか・・・。

この時も結構な時間がかかったのに、あまりの出来の悪さにショックだったのかも
しれません・・・・記憶が曖昧。

これら「Birthday Trick」(呼び方はshadowさんより拝借)の原理はクリエイターに
刺激を与えてくれる題材ですね。あっちを立てると、こっちが立たず、こっちを立てると、
あっちが立たず・・・で。(shadowさんのブログ参照のこと)
素人マジシャンの一人言→ http://amamagic.seesaa.net/

ちなみに「クロノログ」は、今のままでも充分、演技はしやすいのだけれど、もっともっと
シンプルに演じやすく改良、もしくは斬新なアイデアはないかなーと考え中。

フィルムをまわすと「え」がかわるよ!!

マーブルチョコです。
こんなのを発見してしまうと、どうしても気になってしまいます。
パッケージのフィルムが回転して(↓写真参照)隠れている絵を変化させています。

マーブル1

原理的には、あの商品の何の方法なんでしょうけど、この場合、スリットが
あまりに大きい?のと、下の絵が、あまり大きく変化しないため、なんだかなぁーと
言う結果に・・・・。(↓写真参照)

マーブル2

メーカーの開発チームにマジックが好きな人が居るんだろうな・・・たぶん。

変り種トランプ

大阪弁トランプ全体

大阪で買ってきました。その名も「大阪弁トランプ」
ご当地トランプとでも言えばいいのかな・・・。その他の地域でも
この手のトランプがないものか?と調べていたら沖縄にありました。
http://okinawa-zakka.com/diary.cgi?no=1278

こちらは「おきなわ方言トランプ」・・・感じは大阪弁のそれとよく似てはいますが
どうも作っている会社は違いますね。沖縄の方言は知らないけど、なんだか面白そう。
(買ってないけど)

さて、これをどう生かすか?なんですけど、昨年の年末に知り合い(全員、マジックとは
まったく縁のない男性です)が集まった時にやってみた演技は・・・簡単に書きます。

用意するもの
バイスクル1組(ノーマル、もしくは仕込み)
大阪弁トランプ

①デックは普通であることを見せます。「そうそう、予言をやってみますね」と
言って、おもむろに紙に「なんでやねん」と書いておきます。

②ノーマルデックで好きな方法でフォース、「スペードA」を選びます。
「当たりました!」と言って、予言の紙を見せます。
一同「えっ・・・・」(大抵の場合、笑ってくれる人は少ないので、この
冷めた空気を楽しんでください)

③ここで「大阪弁トランプ」が登場(テーブルの上に出していてOKです)、
「このトランプのスペードAを見てください」と言い、お客さん自身で
確認していただきます。もちろん当たっています。


ある友人の言葉
「へぇー全部、暗記してるんだー」

このように思われるのは演者のパフォーマンスの問題もあると思います(反省)

メンタルの場合、特にそうなんですが最後の確認を、しつこいぐらいにした方が
いいのかなと。今回も、いつも通り、さらさらと流してしまったのは私です。

例えば最後、予言を確認する時は「このカードはあなた自身で選ばれました、そして
予言は選ばれる前に書きましたよね?すり替えもしていませんよね?」などなどの
セリフはいるな・・・と。

でも・・・暗記の達人と思われて悪くないなと。

透明基盤

海外ニュースより
炭素原子が六角形の網目のように並んだ「グラフェン」製のフィルムを利用した
透明な電子基板の試作品。韓国チームがフィルム合成法を開発した。画像ディスプレーなど
への応用が期待される。(写真は英ネイチャー誌)

********************************************************************************
グラフェンフィルムで透明基盤


透明とか浮遊とかを聞いてワクワクするのは私だけ(笑)

素材の内容は、よく分かりませんけど、これまた科学の発展は凄いなぁと思うわけです。
マジックで考えるなら、透明のコップが一瞬で赤になったり緑になったりとか、
ディスプレーに応用ができそうなら、何も入っていない額縁からジワジワと文字や写真などを
浮かび上がらせるなんていうのは朝飯前ですね。(コスト的なことは置いといて・・・)

ただ正直なところ、一般の人は「ナゼ、基盤が透明じゃないとダメなん?」という
感想が大半ではないでしょうか・・・。いままで通り、基盤は目に見えても迷惑じゃないし、
困りもしない。技術は素晴らしいのだけれど、ぜんぜん一般の需要がなかったら、
そのうち、これらの研究も立ち消えになってしまうんだろうなと。

今から7、8年も前に「透明な磁石」というのが、どこかの大学?で成功したなんていう
ニュースも出たけど、それから、なーにも商品化に至ってないですし・・・。

ガラスに磁石がくっつく・・という「磁性ガラス」も実際、一般の生活の中では、
まったくといいほど必要性がありません。なので、今だ商品化にもなっていないと思います。

マジックで考えると、面白そうなモノばかりなんですが・・・。

思いたったら大阪へ

本日、大阪に出かけました。あるマジックのネタを考えていて
どうしても探したい素材があり心斎橋の東急ハンズへ。

だいたいのモノはあったんですが・・・とりあえず調達、その後
100円ショップのダイソーやら本屋さんやらを色々と物色しました。

そうそう、久しぶりにMr.magicicnの根本さんに新年の挨拶にと梅田に。
(届いていない商品も取りに行くことに・・・(写真①) ちなみにマシュダ君は
持っていると思います)

ブリーザークリンプのレクチャーノート

店の中に入ると沢山の人だかり・・・で、DVDを鑑賞中、一人先頭に立って
「これはええでーお勧め!」とばかりに次々と店の商品を紹介しまくっておりました。

根本さん以外に、若い従業員の方も居られるんだなぁーと思っていたら、
その方がマジシャンの本田八夏さんでした。お弟子さんと共に、ご来店
されていたんですね、失礼いたしました・・・・。

本田さんには不思議なカードマジックも見せていただき、ありがとうございました。
このカードマジックはMr.MBさんも奈良の会合で、絶賛されていた、あのマジックです。

ただいまMr.magicicanで「本田八夏 無国籍マジック」が3900円のところ2500円で販売中。
しかも今回特別に、そのカードマジック(すみません名前を聞くのを忘れました)の
演技と解説のDVDが1枚付いています。ネットでの更新が遅いかもしれませんので
根本さんに直接メールか、電話で確認して頂いた方が確実かもしれません。


宣伝です。

↓↓ 是非、京都のマジックバーに足をお運びください。

本田八夏のマジック日記より転載 
http://hondayatuka.blog85.fc2.com/

京都マジックバー 猪虎亭 (営業時間 19時~27時)
TEL 075-525-1034

 ☆ 現在の猪虎亭メンバー ☆

無国籍ファンタジスタ   本田 八夏
在日日本人         HAMAR
つる家代々         つ る
マジック牙王        ジャックナイフ上田
時速500km!      レーザーkenny
超              TOMOKAZU


ちなみに私はといいますと・・・・今更「スポンジバナナ」(写真②)を購入(笑)
感想・・・・面白い。

スポンジバナナ

Bushfire Triumph もどき

最近、発売になりました「カードマジックデザインズ」で書かれている不満原因は、
たぶん私の動画であろうと思います。このブログを、ご覧になっていないと思いますが、
大変失礼したことをお詫び申し上げます。悪気があったわけではないですが、
やっぱり、ご本人はご立腹だったんだろーなぁ・・・と。すみませんです。

現在、youtubeでは以前の動画は非公開にしていますが下記から観ることが
できます。今回は、ある程度、忠実に手順を踏んでみて混ぜた感じを出しては
みたのですが・・・・。

選んだカード1枚でできる「ブッシュファイア・トライアンフver1.5(誤記訂正)」も、
できるようになったら頑張って動画を撮ってみたいと思います。

以前の動画


今回、撮り直した動画

米研究チーム、物体を空中浮揚させる方法を発見

海外ニュースから
[シカゴ2009年1月7日 ロイター] 米国の科学者らが7日、量子力学の原理を利用して
小さな物体を空中に浮揚させる方法を発見したと明らかにした。小型のナノテクノロジー装置の
製作などに利用できる可能性があるという。英科学誌ネイチャーで発表した。

ハーバード大学で応用物理学を研究するフェデリコ・カペッロ教授らのチームは、互いに反発
し合う分子を使い、分子レベルで作用する力を研究してきた。研究チームによると、反発作用で
分子が空中に浮いた状態となり、それを利用することで、小さな装置に摩擦がない部分を作り
出すことができるという。同チームでは、この技術を利用すれば、手術から食料や燃料の生産、
コンピューター速度の向上といった分野に応用できる小型装置を製作できる可能性があるとしている。

***************************************************************************

こんな記事を見ちゃうと、すぐマジックに応用できないものかと思ってしまう。
手の上で、いきなりモノを浮遊させるというのは面白い。
大切なのは「いきなり」なんですが・・・Barやテレビなどの場合、どうしても怪しい?
準備したテーブルの上でしか浮かすことができません。

それも出来ることなら、5cmとは言わず、20cm、30cmと上下に自由に浮遊したら
それはもうビックリなんでしょうけど・・・現在のところ、仕込みなしでは難しいですよね。

この装置が完成したとしても・・・・たぶん、まだまだ鉛筆さえも持ち上げられなんだな、きっと。

ダブル・プッシュオフ (double push off)

ブレイクを作らず押し出して、めくるのは憧れなんですが、これがなかなか難しい。
練習をするんだけどカードの状態によっては3枚押し出してしまったり、ひどく
ズレたりで、思っているよういかないですね。

すごく自然に見えちゃうのが、みなさんご存知のジョシュア・ジェイ氏(JOSHUA JAY)
この人のダブルリフトは凄いです。

単に押し出しているようにしか見えない。ホントにコツは指の感覚?だけなんだと
思いますが・・・現在の所、映像でレクチャーしているものが無いの非常に残念。

ワンハンドサークルファンは出来ないけど、これならガンバレそう。

DVDを振り返って・・・番外編

なゆた First DVD


なゆた First DVD (ショップ価格 3200円)

一昨年に発売になったDVDの紹介です。
地元、奈良県在住の、なゆた君の初めてのDVDで個性が爆発です。
なゆた君、マジシャンというよりクリエイターだと私は認識しています。
是非、第二弾も頑張ってアイデアを出して欲しいなーと思っています。

「念力ボトル」は、でんじろう先生みたいなアイデアが○

☆☆ 収録内容 ☆☆

1.ESPカード・テレパシー
2.カラーリングの透視テスト
3.ハイパーテープ (テンヨーの有料携帯サイトに採用されました!!)
4.双六の予言
5.念力ボトル


カードマジックデザインズ 佐藤総

内容のレビューではありません。
以前、こんなことありました。カメラマニアと私の会話

カメラマニア(以下M)「いやー凄いカメラ買っちゃったよー2000万画素以上だよ」
私「そりゃー凄いね・・・で、いくら?」
M 「もろもろで30万」
私「うわー凄い出費・・なら使い勝手も最高でしょ!」
M 「まー色々ありすぎて・・・使いこなすのに時間はかかるけどね」
私「ふーん、そうなんだ。じゃあプリントにしたら、ずいぶん違うんでしょ?」
M 「そりゃーそうですよ。2000万画素ですから」
私「人にあげる時に・・そうそうLサイズで、どれだけ違います?」

ごそごそと・・・写真を比較しながら

M 「これが以前の1000万画で、こちらが今回の・・・・」
私「うーん・・どちらも綺麗でカッコよく撮れてますよ」
M 「えっ! 分かんないの? こんなに違うのに!! ここのグラデーションなんか最高じゃん!!」
私「・・・・・」

<<注意>>
文章と作品集とは、なんの関係もございません。


一言でいいますと「価値が分かる人にしか分からない」ってことですかね・・・・。

昨年のDVDを振り返って・・・ニ枚目

Crator Work

Creator Work ながおゆう (ショップ価格 3600円)

私の作品集と言うと大変厚かましいですが・・・。ぜんぜん発売する予定も
なかったDVDです。色々な縁で、出来上がってしまいました。

収録のライジングカードのギミックは誰も作らないだろうなぁ・・・と(笑)

☆☆ 収録内容 ☆☆

Goes and Comes (カードの移動)
Coin Thru Cardcase (コイン貫通)
Easy Estimation (簡単カード当て) 
Coarse Triumph (雑なトライアンフ) 
Rising Card 2007 (ライジングカード) 
F.T.C.Control (Harapan) (トップコントロール) 
Air Control (トップコントロール)
Top Cover Pass 2007 (カバーパス

昨年のDVDを振り返って・・・一枚目

カオス 独創奇術博覧会

カオス -独創奇術博覧会 (ショップ価格 2200円)
実験的な手探りのDVDでした。マジシャンの方々のご協力なくして
出来上がらなかったDVDです。改めて、ありがとうございます!!

同時期に発売した「Creator Work」より家族には好評だった作品です。
ショップ様、関係者の方々からも「面白い!!」と言って頂けたのですが、
それが、すぐ売上に繋がらないところが・・・面白い?ところです。

ご覧になっていない方は是非是非。

☆☆ 参加マジシャン ☆☆

ジャスパー瀧口
Mr.MB.
ぱっちもんえいじ
TOM
maghetto (まげっと)
なゆた
MASHUDA
Mr.mac
KAWAI
音陶夢
ながおゆう


ブログ開設してみました。

2009年、明けましておめでとうございます。
今年から始めました、ながおゆうのブログです。

今年も楽しいマジックDVDを創りたいなーと思っております。

みなさまの、ご協力のほど宜しくお願いいたします。