スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月の会合、終了しました。

連日、雨模様でしたが運よくゲリラ豪雨には
会わず無事、会合も終了いたしました。
いつものことなんですが終了間近になると
盛り上がり帰宅したら午前1時近くになって
おりました。

では早速、気になった商品を。

2017101401.jpg
バタフライ・デックです。マークドデックですが
人によっては見にくいとなりますが、よくここまで
精密に創ったものだと感心いたします。バイスクルで有名な
USPCC社の品質基準には合わない(←製作できない)というのは
良くわかります。

2017101402.jpg
↑100均商品の数々・・・マジックが盛り上がっていないことを
いいことに最近の100均マジックはコピーものがスゴイ。

2017101403.jpg
その中でも、この選んだ昆虫を当てるマジックは
ちょっと工夫があって笑えます。なんだろう、
この商品だけ気合がはいってる・・・。

2017101404.jpg
↑出ました! テンヨーの2018年新作マジックです。
お弁当マジック、なるほどーよく出来ています。

2017101405.jpg
↑最後は中川修さんの「百人一首ofマインド」というマジックです。
いやーこれもよく出来たというか探したというか・・・
情熱に頭が下がります。

今回は以上です。
皆様、お疲れ様でした。次回は12月9日(土)です。
今年最後なので宜しくお願いいたします!
スポンサーサイト

また逮捕・・・。

過去にマジシャンが逮捕された事件もありましたし・・・。
日本硬貨の加工は犯罪と分かっていたはずなんですけどね。
またまた逮捕者がでました。

オークション販売なら確実に記録は残ってますよね。
これって購入した人は大丈夫なんでしょうか?

またギミックが白日の下にさらされる。
なんだか複雑な心境です。

マジック用

10月の会合日

今月の会合は、いつもの場所で10月14日(土)です。
20時頃からで、お願いいたします。もし、
早く来られるかたがあればメールくださいませ。

なお11月の会合日は、すみませんが
私の都合でなしの予定です。

では、よろしくお願いいたします。

9月の会合終了

およそ二ヶ月ぶりの会合となりました。
新旧、いろいろとグッズをご紹介します。

2017091006.jpg
まだ日本では未発売? Inspire deckです。
シンプルなデザインでBeeカードのように柔らかいです。
なにげにマークドになっています。

2017091001.jpg
少し前に発売になっています。お客さんが選んだ
ちょっと大き目の五色のビー玉?を超能力で透視して
当ててしまうマジック、シグナルです。
まんまとしてやられました。実に単純なトリックでした。
でも、こういうほうが引っかかってしまう・・・。

2017091003.jpg
カットされたポスターがあります。おまじないを
かけると見事、一枚のポスターに復活します。
マジカルビンテージポスターです。
昔からある新聞紙のトーン&リストアのバージョン
なんですが、こちらは何回でも繰り返しできます。
消耗品が出ないところがよろしいのではないかと。

2017091002.jpg
ドラえもんのひみつ道具マジックシリーズ
「N・Sワッペン」と「コンピューターペンシル」です。
大変よく出来ています。まだまだ、このシリーズは
つづきそうです。

2017091005.jpg
下村知行さんの「インスタ・プリディクション」です。
解説書といい、付いてくる本といい、大変よく
創られています。意図してページ数が書かれていないのですが
個人的には書いていても別に良かったのでは・・・と。

2017091004.jpg
最後は
今年のテンヨーのプラスワンマジック
「マジカルチョコレート」です。
まだ申し込んでないので今年中にはウサギマークを
送ろうかなと考え中。

以上です。
みなさま、お疲れ様でした。

次回は10月14日(土)です。
また楽しみましょう!

ダイソーの新しい100均マジック

久しぶりに覗いたら100均マジックが増えておりました。
気になったものを二点、買ってしまいました。

2017daiso01.jpg
創りは当然ながら安っぽいです。
ほぼプラスチックで一部に紙が使用されています。
子供の見せて、欲しがったら
お土産にあげてもいい感じです。

ただこれって、形といい原理といい
ほぼコピー商品なのでは? 

2017daiso02.jpg
これも、よくあるやつですが、(これも安っぽい)
貫通に持っていくところの原理は同じなんですが
最初のスタートが少し演技必要かとおもう。

このマジックの解説では
ペンのキャップを、うしろにつけた状態からのスタートに
なっています。なので、それまでの過程が解説されていない。
まーこの状態から取り出せということなんでしょうね。
(演技後にタネを回収し手渡しできるという流れ)

マジックの上級者であれば、パーツをパームしておいて
演技前にペンを確認してもらえる方法はあります。
「どなたか千円札を持っているかたはおられませんか?」とか
なんとか言ってお客さんの目がそれている間に
キャップをうしろに挿した状態まで準備しておけば
あとは同じように貫通現象に持っていけると思います。

ただ素材の〇〇が弱すぎな感じです。たとえばテンヨーの同じ商品に
比べたら1/2ぐらいに感じます。もっとしっかりした〇〇でも
良かったのでは。

特にオススメはしないです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。